Event

Banksy Artworks from Masatoshi Kumagai Collectionの見どころ

渋谷の街にバンクシーの代表作「風船と少女」が登場!

ストリートアーティストとして、アートテロリストとして、イギリスを拠点に世界中で活動して大きな話題と注目を集める謎に包まれた芸術家、バンクシー。その数々の作品の中でも、バンクシーを語るうえで欠かせない代表作と言われている「風船と少女」が渋谷の街でみなさまの目の前に登場します。

風船と少女

非常に希少性の高いハートマーク入りサイン

サイン

「風船と少女」は風で飛んでいく赤いハート型の風船に向かって手を伸ばしている少女を描いたもので、2002年にロンドンで生まれた後、社会情勢を反映しながらバージョンを変え、世界中の街角に描かれてきました。今回展示する「風船と少女」は2004年に制作された150点のうちのひとつで、関係者への販売時のみ入れられるハートマーク付きのサインが作品左下に施されている、大変希少性の高い作品です。

忠実に再現された額装

「サザビーズ・ロンドン」での落札直後にシュレッダー付きのフレームによって裁断された「風船と少女」は大きな話題となりました。

「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」で展示する「風船と少女」が収められたフレームは、3Dプリンター等で細かな模様、厚み、色味まで、この時のフレームに極限まで近づけた世界で唯一のフレームです。

株式会社SELECT D様、ナビス画材様のご協力により、最新テクノロジーと匠の技で実現致しました。

額縁

凝縮された20分の体験

作品の魅力を一層引き立てるために、「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」では、バンクシーを愛する方、バンクシーの作品と初めて接する方、どちらにとっても最高の20分間となりますように、全面巨大スクリーンと最新の音響技術を用いたスペシャルムービーも上映いたします。

Barco社の「ベゼルレス・ビデオウォールシステム(Barco UniSee)」の220インチディスプレイとロールスクリーンで構成される三面の壁に映し出される高精細でシームレスな映像により、これまでにない没入感を体験できるデジタルアート空間が誕生しました。

「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」は、「スペースは世界最小ではあるものの、お客様が得られる情報は世界最大」をコンセプトとし、作品、フレーム、ムービーと展示空間が一体となったひとつのアートとしてご覧になる皆様に感動と学びを同時に体験いただきたく思っています。

※ スペシャルムービーのナレーションは、日本語、英語に対応しております。SSVRの「空間を音で区切る」技術により、店内の左側は日本語、右側は英語とそれぞれのゾーンを作ることが出来るため、立ち位置により好みの言語を選択して快適な視聴環境を体験出来ます。

最新の音響技術

ソニーの空間音響技術である「Sonic Surf VR(SSVR)」は立体的なサウンド実現します。

この空間を実現するため、ソニーの波面合成技術を使用した空間音響技術「SSVR」導入や再生環境構築のコーディネーションと技術サポートを提供するとともに、あたかもそこにいるかのような“没入感”を体感してください。
空間音響技術「SSVR」では、波面合成技術を使用し、空間の中に音をオブジェクトのように自由に配置、また、エリアを音で区切ることを可能にします。

立体的に体験することができるサウンドは、音に触れるような“没入感”をお楽しみいただけます。

あっと驚くサプライズも

今回展示するバンクシーの代表作「風船と少女」にちなんで、ご来場頂いたお客様には作品に登場する赤いハートの風船とオリジナルステッカーをプレゼント!お帰りの際にも展示会の余韻をお楽しみください。

赤いハートの風船とオリジナルステッカー